IELTSライティング

課題にきちんと応えた内容が書けること

IELTSライティングtask2を攻略するためにで重要でありかつ有効なのは
文法や連結、構造に留意するよりも書く内容に留意することです。

もちろん、文法や連結、構造も確かに重要です。
ただ、バンド7.0以上の人と以下の人の大きな違いは内容なのです。

書かなければいけないのは与えられた課題に関連している内容です。
そしてそれらのアイディアを表すのに適切な語彙が用いられていなければなりません。

task2で与えられるトピックは?

task2では実にさまざまなトピックが与えられます。
教育、犯罪、メディア、科学技術、社会問題、科学技術と将来や環境についてなど、
実に多岐にわたっています。

じょうずにエッセイを書くために英語を駆使できるようにするには
task2でトピックとしてあげられる重要な分野での語彙を増やすことといえるでしょう。
言いたいこと、書きたいことがあっても英語できちんとしたエッセイの形式に
構成することができなければなりません。

きちんとした内容を書くために語彙を増やすことは重要事項のひとつです。

語彙の範囲を増やす!

例えば教育に関する分野で次の単語はご存知ですか。
ご自分で調べてみてくださいね。

curriculum
drop behind
graduate
illiteracy
literacy rates
transcript
appriciate
digest
enhance
persevere
procrastinate
sophisticated

以上はほんの一部ですが、初めての単語や他の意味では知っているけれど
教育関係ではこういう意味で使われるんだと改めて知ったという単語も
あったのではないでしょうか。

意味がわかる、知っているだけでなく、
実際に使える語彙の範囲を広げることはかなり重要ですね。

task2の3つのタイプ

task2で与えられる課題には大きくわけて3種類あるといえます。
それぞれのタイプにあったエッセイを構築する方法を知ることは
task2で高スコアを狙うためにはかなり重要です。
課題をよく読んでどのタイプのエッセイを書くのか十分理解しましょう。

  • 自分の意見を述べる
  • 両方の側から意見を述べる
  • 2つの質問に答える(問題の理由や解決に答えるものも含む)

自分の意見を述べる

  • Do you agree or disagree?
  • What is your opinion?
  • To what extent do you agree or disagree?
  • Do you think the advantages outweigh the disadvantages?

両方の側から意見を述べる

  • Discuss the advantages and disadvantages
  • Discuss the advantages and disadvantages and give your own opinion
  • Discuss both sides of this argument and then give your own opinion.

2つの質問に答える(問題の理由や解決に答えるものも含む)

  • Do you agree?
    What are some other solutions?
  • What problem does this cause?
    What are some potential solutions?
  • What are the causes of this problem?
  • What are some potential solutions?

タイプ別エッセイの構築方法

自分の意見を述べる

Intoroduction

  • 問題をパラフレーズする
  • 賛成か反対か自分の立場を明確にする
  • どの程度賛成なのか、反対なのかも明記する

Body

  • 意見を述べる
  • 理由1
  • 理由2
  • 理由3 自分の主要な意見の議論

Conclusion

  • 自分の立ち位置とその理由の要約をもう一度記述する

両方の側から意見を述べる

Intoroduction

  • 問題をパラフレーズする
  • ここで議論することを述べる

Body

  • 片方の強味、有利な点を述べる
  • もう一方の強味、有利な点を述べる
  • この部分では自分の意見は述べず一般的なものを記述する

Conclusion

  • 自分の意見を述べる
  • 両側が重要でありメリットがあるのか、
    どちらか一方がより重要でよりよいのかについて記述する

2つの質問に答える(問題の理由や解決に答えるものも含む)

Intoroduction

  • 問題をパラフレーズする
  • 問題1と問題2について議論することを述べる

Body

  • 問題1について述べる
  • 問題2について述べる

Conclusion

  • 問題1,2の要約を記述する

エッセイの構成

いずれのタイプの場合も次のような構成になっています。

Intoroduction

  • 一般的な意見
  • 特定の意見

Body

  • 特定の意見に対するトピックセンテンス
    サポートするアイディア
    サポートするアイディア
    サポートするアイディア
  • 特定の意見に対するトピックセンテンス
    サポートするアイディア
    サポートするアイディア
    サポートするアイディア

(自分の意見を述べるエッセイは3つ目のパラグラフがある場合もあり)

Conclusion

  • Bodyの要約
  • 最終的なまとめ

いずれのタイプの場合もBodyにはIntoroductionの最後の部分に当たる
特定の意見について詳しく書いていきます。
要点はトピックセンテンスで延べ、サポートするアイディアを記述します。

Conclusionでトピックセンテンスを要約します。

ポイントを押さえた攻略法を実践するためのIELTS対策教材