ライティングは高得点が取りやすい?

IELTSライティングテストはしっかりと準備をすれば
ある程度高得点が取りやすいテストです。

といっても、IELTSで苦戦している人の中には
IELTSのライティングを苦手にしている人も
多いようなのでなかなか信じてもらえないのですが・・・。

IELTSのライティングテストはジェネラル、
アカデミックの両モジュールとも2つの課題が与えられます。

時間配分が重要

60分以内に2つの課題に対する短いエッセイを書かないといけないので
時間配分がとても重要です。
誰かに時間がきたので次にいって下さいと
言われる訳ではないので、自分で時間を確認しながら
計画的に進めていく必要があります。

Task1では20分くらいを目安に150語以上の文章を書きます。

Task2では残りの40分くらいの間にで250語以上の文章を書きます。

もちろんどちらの課題から書き始めていいのですが
Task2の方が時間を使うため始めになるべく早くTask1を終わらせ
Task2になるべく時間を使うようにできればいいですね。

指定された語数より少ないと減点

それぞれ指定された語数に達していないと減点されるので
注意が必要です。無駄な減点を避けましょう。

かならずTask1では150語以上、Task2では250語以上の
文字数を書ききることが出来るように練習問題に
取り組む際に時間と共に文字数にも意識して取り組むようにしてください。

練習問題をするときにも実際の解答用紙を使って書いてみると
だいたいどの程度書けば指定された語数になるか
検討がつけやすくなります。

ポイントを押さえた攻略法を実践するためのIELTS対策教材