日本語での数字と英語の数字の表記の仕方には微妙な違いがあります。
英語で大きな数字になると耳から入ってくるときにはわかりにくく、
書くときにも戸惑ってしまうことが多々あるでしょう。

1000万は英語では?

特に大きな数の英語表記には注意が必要です。
日本語とは数字のとらえかたが違っているので
感覚と慣れしかありません。

1000万といったときには日本語では「万」をひとつのまとまりで考えるので、
万が1000あると考えて1000万というふうにとらえますね。

ところが英語の場合には「100万」をまとまりとしてとらえるので
「10、100万」つまり100万のかたまりが10あると考えて、
“ten million” という表し方になるのです。

IELTS ライティング task1 でよく間違える間違いのひとつに
数字の書き表し方があります。
特に大きな数字の表し方には気をつけましょう。

1000万人の子どもたち

「1000万人の子どもたち」は”ten million children” もしくは
“10 million children” と書きます。
ところが、日本人が英語表記をするときには次のような間違いが多く見られます。

“10 millions children”
“10 millions of children”
“10 million of children”

上記3つはいずれも間違いです。

“millions of children” は間違い?

ただし “millions” や “of” を使っているからと言って
全てが間違っているわけではありません。

“millions of children”という表現がありますが、
“millions of children” となると意味が異なってくるのです。
“millions of children” は「数百万人の子どもたち」の意味になります。

では、150万はどのように表すでしょう。
“a million and a half” または “one and a half million(s)”
“one and a half millions” または “1.5 million” となります。

こうした数字の表現については “million” だけでなく
“hundred” “thousand” “billion” の場合も同様です。
大きな数字の英語での表記のしかたに慣れておくことです。

英語で大きな数字を表すときには耳から聞こえてくるときや
書くときに間違わないようにするにはとにかく慣れることです。
英語の数字の表し方に感覚的に慣れて表記のしかたをいかに
とらえられるようにするかということですね。

IELTS ライティング task1 では数字の表記には要注意です!

ポイントを押さえた攻略法を実践するためのIELTS対策教材